Posted by at

2009年06月18日

A案で可決!

臓器移植法がA案で可決されましたね。
個人的にはD案の方がいいと思ってたんですが、
同じ考えの方も多そうですよね。
A案は脳死=人の死が前提で、
15歳未満でも保護者の同意があれば移植可能という事で。
アメリカ辺りはこの考えらしいです。

しかし、脳死の判定って難しいですよね。
脳は働かなくても体は生きている状態なんですよね。
身内からしたら体は生きているのだから死ではないと思うでしょうし。
客観的に見られる第三者を挟んで判定した方が角が立たないような気もします。
でも、移植をすれば確実に元気になるという方もいらっしゃるんですよね。
治る見込みの無い方と、治る可能性の高い方を比べてしまうとどうしても…。
移植を待っている方にとってはA案の可決は助かるけど、
ドナーの身内の方の気持ちを考えるとやっぱり複雑なんですよね。
死が絡んでくる問題は非常に難しい分、安易に決められない。
しかし、海外で移植が出来なくなってきた今は
早めに法を変えないと待っている方が困ってしまう。
誰もが全員納得する答えは出ないでしょうし、
とりあえずB案やC案ではなくてよかったと思います。
年齢制限付きの案が可決されてしまったら、
結局外国に頼らざるを得なくなってしまいますもんね。

ところで、日本での移植は金額的にどのくらいかかるんでしょうか。
海外で移植というと、大抵募金が必要になるくらいの高額ですが、
日本内で出来るとなるとどのくらいになるんでしょう。
あとでちょっと調べてみようと思います。
ちなみに、自分は高校の頃から臓器提供意思表示カード持ってます。
親は署名するの渋ってましたけどね。  


Posted by ダイナマイト福岡 at 21:59臓器移植法